お客様に伝えたいことを絞り込む

Polar Colorは色の付加価値を見える形にして販売するために、フラワーアレンジメントの商品作りをしています。

会社の差別化

通常の商品価格は原価をもとに決めていますので、質の良い素材を使って色の付加価値を追究していくと原価も上がってしまいますが、

付加価値で会社の差別化をしていきたいので、自己満足だけに終わらないようにしながらも、出来る限り素材のクオリティーを上げて商品価格を設定しています。

しかし、現在出荷準備中のボックスアレンジメントは、見積もり依頼をいただいた企業様の予算に合わせてアレンジを考えました。

大口注文の見積もりのためぜひ注文はいただきたい、でも提示された予算では会社の差別化につながるような商品ができない、という厳しい状態に。

数日考え続けて作り上げたサンプルアレンジメントの写真です↓

作り上げる過程の数日間、何を考えていたかといえば、限りある予算の中で会社の特徴を伝えるにはどうしたら良いのか、ということでした。

 

優先したいことを絞る

Polar Colorはお花を販売する会社ではなく色の付加価値を売る会社なので、予算に合う素材で希望の色を使ってアレンジメントを作るだけでは付加価値をつけられず、一般のお花屋さんで買っても同じになってしまいます。

ご希望の色を伺い、CIカラーや季節感のある色をご提案しながらデザインを考えますが、そこには当然予算がありますので、何を最優先するのかが一番大切なポイントになります。

私たちが今、何よりも優先しなければならないのは会社の差別化であり、たくさんあるお花やさんとは違う存在感を出すこと。

とはいえ、赤字にするわけにはいかないので、そのバランスがとても難しい部分です。

今回は「よし、これでいこう!!」というデザインを決めるまで本当に悩みましたが、無事にご注文をいただけたことで、結果として会社の成長につながったと感じています。

 

お問い合わせのご案内

Polar colorでは色使いに個性や世界観を表現し、色の付加価値としてグラデーションの色合わせを追究しています。

スペースやインテリア、目的に合わせて幅広いアレンジをご予算に応じて承っております。

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

会社HP、またはブログのお問い合わせフォームにてご連絡をお待ちしております。

Izumi Kamei

タイトルとURLをコピーしました