*

その他 色の色々

歌舞伎で思い出す色は?

投稿日:

歌舞伎を見に行った友人に歌舞伎を象徴する色を写してきてもらいました。

歌舞伎と言えばこの色。
歌舞伎に関する様々なところに使われていますね。
おせんべい、お茶漬けなど…えっ⁉ お茶漬けは関係ないか。ま、それは置いといて。

この色は江戸時代に江戸歌舞伎の森田座で使われていたものが歌舞伎座で採用されて定着し、今に至るのだとか。
定式幕と言って常に掛けられている幕として使われています。

左から黒、柿色、萌葱色です。

柿色は柿の実の色。オレンジを少し暗くしたような色で、萌葱色はネギの緑色の部分の色。
まだテレビなどなかった時代に歌舞伎からはたくさんの色が生まれましたが、その頃から歌舞伎の定番色となっていったのでしょうね。

もともとは幕府の御用船の船覆いの幕(帆布)を拝領し、それを定式幕として使ったことから始まり、色が座によって変化して結局歌舞伎座ではこの色を使うようになったのだそうです。
歌舞伎といえば必ずこの幕が浮かぶのにその由縁はあまり知られていませんね。

ちなみに写真の定式幕は歌舞伎座のもので、国立劇場のものは並び方が違います
黒、萌葱色、柿色なのですが、ぱっと見にはその違いはわからないくらいです。

そして歌舞伎座の外観がこちら。
建て替えて更にに美しくなりました。

そしてあまりにも美しいポスターがあったそうなのでこちらもおすそ分け。

源氏物語は色を扱う私にとってとても重要な役割を持ったお話です。
そんな歌舞伎なら益々見に行ってみたい~!
けど、高校時代に学校行事で歌舞伎を見て以来まだ二度目がやってきてない私です…( ;∀;)

児島

PS:お茶漬けが気になった方へ
お茶漬け海苔を作った方がご両親の好きだった歌舞伎の定式幕の色をパッケージに取り入れたことで、お茶漬け海苔も歌舞伎色になったのだそうですよ~

 

オススメ記事のご紹介

1
会社HPリニューアルのお知らせ

会社設立から2年目を迎え、HPをリニューアルいたしました。 活用事例:体験型集客イベントは主にデパートでのイベントをご紹介しています。 春には豪華客船セレブリティ・ミレニアム船内においても体験型イベン ...

2
サボンドゥフルールの新作リース

9月に入り秋の気配…と言ってもお住いの場所によって感じられる方とそうでない方もいらっしゃるはず。数日前にサンノゼでは気温42度の予報が出たとのお話がありましたが、なぜか東京は一足お先に秋の気配を感じて ...

3
幕張のカフェ「Sheep」様との出会い

ある嬉しいご縁をいただいて幕張にある小さなカフェ、「Sheep」さんに伺いました。地域の方に愛されている自然派カフェ。オーナーもパン作りに励むお店の方もお客様を見る目がとても優しく、だからこそ皆様の体 ...

-その他, 色の色々
-, , , , ,

Copyright© Polar Color Blog , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.