ベーシックコース ポーラーカラー理論

全6回のベーシックコース、終了です。

投稿日:

ベーシックコース最終回、最終課題は大作のリースです。

出来上がりサイズ30センチになるリースは、色の選び方によってイメージが大きく変わります。

色を選ぶ楽しさを感じること

第5回までに習得した色彩理論とアレンジテクニックを全て使えるように、組み合わせる色もそれぞれご自身で選んでいただきました。

お花の色を選ぶ時には奥行き感を出せる色を選んでいただき、リースを作る時には色の軽重感を考えなから作っていただきます。

どちらも色彩理論で習得していただいた内容ですので、ここでも復習をしていただきながら記憶に残るようにしています。

 

完成したリースはこちら。

どちらのリースもお好みの色で、それぞれの個性を持った素敵なリースの完成です!!

 

むすびをキーワードに

社名の由来にも書いている大和ことばの「むすび」はPolar Colorの方向性を表すキーワード。

オリジナル講座最後の第6回では、このむすびについて詳しくお伝えしながら、全てに共通するテーマとリンクさせてまとめています。

日本に伝わる伝統文化の基本にある考え方が陰陽の考え方、陰陽はPolar Colorロゴのテーマでもあり、オリジナル講座のいくつかあるテーマの一つです。

この普遍の考え方を私たちの仕事の指針にして、新しい仕事を創り出していきたいと思います。

 

-ベーシックコース, ポーラーカラー理論

Copyright© 光と闇を奏でる色 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.